minariは身近に存在する形や物や色をアクセサリーにするというコンセプトのもと運営されているアクセサリーショップです。
デザイン事務所に勤めながらアクセサリーも販売するminariさん、今回はなぜササヤマルシェに出店されたのでしょうか?

DSC_1675

――お店をはじめたきっかけは何ですか?

きっかけはですね、もともとグラフィックデザインをやってまして、その働いているところがギャラリー兼デザイン事務所でして、そこでアクセサリーの展示をする話になって、そこで私がアクセサリーを作ってみようかなと言ったら、オーナーが「やったらいいやん」という風に言ってくれました。
そこからアクセサリー作りを始めることになって、グラフィックをしながらアクセサリーも作るようになりました。
それからいろんな方に声をかけていただいて、いろいろな所でアクセサリーを出してもらえるようになって、今ちょうど1年ぐらいが経ったころです。

 

――minariって不思議なお名前ですけど由来はなんですか

あんまり深い意味はないのですが、「ブルーノ・ムナーリ」というグラフィックデザイナーで絵本などを作っている人がいて、その人がすごい好きで、それと息子の名前が「ミナリ」というので、ムナーリとミナリをかけてminariという名前をつくりました。

 

――「マル、サンカク、シカク、ミナーリ」というキャッチコピーについて

自分の作るアクセサリーは、単純な形をモチーフにしたものが多いなと思って、キャッチコピー的に覚えてもらいやすいかなと思ってつけました。
数学とか科学とか宇宙とかが好きで、作ってるものもそういう風な感じに自然となってしまいました。

 

DSC_1678

――今回ササヤマルシェは初出展ということですが実際に出店してみてどうですか?

知り合いの人たちがいっぱい出店していて、今回から公募があるということを聞いたのでダメ元で応募したら採用していただいたんですが、買っていただいたお客様からは、「来てよかった」とお声かけいただいたので、とても嬉しいです。都会からも近い田舎である篠山は魅力的ですね。

 

――これから先どんなことにチャレンジしていきたいですか

まだあまり考えていないのですが、もっといろんな人に知ってもらえたら嬉しいなと思います。

DSC_1677

 

minariさん、ありがとうございました。

本日取材させていただいたお店

「minari」
サイトURL:http://mina-ri.com