先日、丹波市柏原町にある黎明館にて行われた“篠山+丹波+αで地域の課題を考えよう”というイベントに潜入。

黎明館

会場には席が足りなくて立ち見の人がわんさかいる状況。熱気むんむん。
そんな中、丹波市と篠山市の地域が自分の地域の取り組みや課題を発表。

タイ人

よく見ると隣にいるタイ人はこないだタイに出張にいってきたというタイ人じゃないですか。
何しにタイに行ってきたのか?と拷問のごとき尋問を繰り返してみましたが、はっきりとした回答は得られませんでした。果たして彼は何しにタイへいっていたのか?それとも実はいってなくていつも通り家に引きこもっていながらGoogleEarthでも使ってさもタイに出張へいったフリをしていただけだったのか。彼の皮膚の色と同様、実態は闇に包まれたまま。どうでもよすぎてこれ以上の深追いはやめておくことにします。

それにしてもなんで若干うっすらと笑っているんでしょうね。それは誰にもわかりません。

久下自治振興会 ホタル飛びかう里
いくつか発表があったうちの1つ。
久下自治振興会ホームページ「ホタル飛び交う健康の里」。
単に久下地区内の情報を発信をするだけでなく、元久下っ子からも情報をもらって掲載していて、双方向の情報交流を目指しているんだとか。いいですねーこういうの。

丹波市の事情をよく知らない人の為に軽く補足しておきますと、

地区というのは小学校区のことで、小学校区というのはその小学校に通う範囲にお住いの地域ということになります。基本的に小学校は全て子供らが歩いていける距離に存在していて、中学校からはチャリ通がOKになります。(但しヘルメット被らないといけないけど。全然関係ないけど真夏とかヘルメット暑くないんですかね?)

地元が今どんな感じになってるのか、気になる元久下っ子の皆様は要チェケ。
サイトに掲載されていないことがあれば、どんどん聞いてみたりしてもいいんじゃないですかね。

久下自治振興会ホームページ「ホタル飛び交う健康の里」
http://kuge.tamba.city/