篠山市の新ご当地グルメとして、篠山ならではのこだわり食材を使ったどんぶり「篠山まるごと丼」があります。main_img2010年8月に開催された「ご当地グルメ篠山グランプリ」グランプリ「篠山牛しぐれ丼」と準グランプリ「篠山牛すじ丼」をベースにして生み出され、市内の飲食店で提供されるだけでなく、学校給食にも登場しています。

そんな、「篠山まるごと丼」を作るうえで欠かすことのできない、「こだわりの4カ条」が決められています。では、語尾の篠山弁に気持ちを込めてご唱和ください。

【こだわり4カ条】

一、篠山産のコシヒカリを使わなあかんねやにぃ

一、篠山産の山の芋を使わなあかんねやにぃ

一、篠山産の特産肉を使わなあかんねやにぃ

一、篠山産の根菜類を使わなあかんねやにぃ

です!!

ということで、今回はこの「こだわり4カ条」を取り入れて、篠山まるごと丼を作ってみました。

どんぶりで作るのもおいしいのですが、今回は今年流行しているメイソンジャーを参考にして瓶に詰めた「篠山まるごと丼」を作ってみました。

メイソンジャーって?という方は、下記を参照ください。                                       2015年大ブレイクの予感!?いま話題の「メイソンジャー」って一体何?:http://cookpad.com/articles/3590

瓶にスムージー入れたり、サラダを入れたり、お弁当にしてみたりっていう女子が好きそうなおしゃれなあれです、あれ。

 

といっても、本家のメイソンジャーには手が届きませんでしたので、セリアさんの瓶を使って作ってみました。image

 

では、いってみましょう~。

材料は、ご飯、しし肉のしぐれ煮、山の芋、緑がほしかったのでほうれん草のおひたしを準備しました。根菜類が写っていませんが、最後にれんこんチップをちらします。image

まず、瓶の底にご飯を適量ひきつめます。image

その上に、ほうれん草のおひたしを入れ、image

ごはんではさみ、image

 

その上に、しし肉と山の芋を乗せればimage

image「篠山まるごと丼」の完成です!!お好みで、のりやワサビを添えるのもお勧めです。

食べる直前にれんこんチップをちらしていただきましょう~。

 

 

今回は、サラダも付けてみました。

image

篠山の特産品を詰め込んだ、「篠山まるごと丼」は、市内16店舗で提供されています。各店舗がそれぞれの持ち味を生かし作られていますので、いろんなお店を回り食べ比べるのも楽しいです!ぜひご賞味くださいね。

篠山まるごと丼:http://tourism.sasayama.jp/marugoto-don/