DSC_4438

林「あー!くそー!若者移住相談窓口の準備が終わんねー!!」

いなかの窓の会長林健二は若者移住相談窓口の準備に追われていた。

 

DSC_4442

林「おい、本多、お前もちょっと手伝えよ」

 

DSC_4445DSC_4446

本多「え?なんなんすか?自分でやってくださいよ??」

 

DSC_4451

本多「あー、眠たい、寝よう」

 

DSC_4453

林「おい、ちょっと待てよ!」

本多「なんなんすか?」

 

DSC_4457

林「お前、最近調子に乗ってるから、根性叩きなおしてやるよ!」

 

DSC_4461

林「ボクシングだ!」

本多「はあ?」

林「篠山にボクシングジムがあること、知ってるか?」

本多「いや、知らないですけど」

林「ロスロコスジムって言うんだけど、俺も最近そこに通ってボクシングしてるんだよ。お前も根性叩きなおしてもらえよ」

 

DSC_4464

林「俺もボクシングジムに通うようになって、ほら、腹筋割れたんだよ」

 

DSC_4465 DSC_4471

本多「いや、完全に中年のそれですやん笑」

 

DSC_4459

林「うっせえ、いいから行けよ!!」

 

DSC_4477

本多「まあ、いいっすけど、篠山でも最強と言われている僕が行ったところで、そのボクシングジムが痛い目を見るだけだと思いますよ」

林「いいから行けよ!」

 

DSC_4480

本多「ほんとにいいんですか?」

林「しつこいな、早く行けよ」

 

DSC_5004

ということで、調子に乗った社長本多は、しぶしぶ旧畑小学校にあるロスロコスジムにたどり着いた。

 

DSC_4494

そこでは、想像していたジムとは違い、女性や子どもが和気あいあいと体操に励む姿があった。

 

DSC_4510

本多(なんだ、大したことないな、これなら余裕で勝てるかも笑)

不敵な笑みを浮かべる本多。
これから一体、なにをしでかそうというのか。

 

DSC_4517

本多「たのもー!!」

 

DSC_4525

調子に乗った本多を出迎えたのは、このロスロコスジムでトレーナーを務める細見一朗さんだった。

細見「なんだお前は」

突然現れた、上半身をジャージ1枚で覆ったひょろ長い男を前に、「えっ」という気持ちをこらえる細見一朗さん。

 

DSC_4529

本多「篠山にボクシングジムがあるって聞いたから、ちょいと腕試しに来た」

一瞬、何言ってるんだこいつは、という気持ちが出てきたが、こらえる細見一朗さん。

 

DSC_4522

細見「いい度胸やな」

本多「このジムで一番強いやつと戦わせろ。そしてもし俺が勝ったら、このジムをいただく!!」

 

DSC_4530

細見「面白いやんけ、そのひょろ長い体で何ができるんや、やってみい」

 

DSC_4533

そして、戦いの火蓋が切って落とされた。

 

DSC_4549 DSC_4545

ドスッ!!

 

DSC_4549 DSC_4545

ドスッ!!

明らかに他の人とは違う異質な空気と、ものすごいパンチを繰り出す男性。
この人、只者ではない…!!

 

DSC_4552細見「こいつがこのジムで一番強い男や。多谷友宏っていって、プロのライセンスも持ってた」

本多「・・・」

そう、この男性は多谷友宏さんといい、プロのライセンスを持っていたプロのボクサー。
実家は河原町にある多谷畳・敷物店。
篠山に帰ってきて、このロスロコスジムでトレーナーとして活躍中だ。

 

DSC_4555 DSC_4557 DSC_4558 DSC_4559 DSC_4561

本多「やったるわい!!」

 

DSC_4553

多谷「えっ・・・」

すごくひょろい身体が露呈したのに、自信満々に立っている本多を前に、戸惑いを隠せない多谷友宏さん。

 

DSC_4566

丹下段平「いいか、肩の力を抜いていけよ」

本多「任しといてくれよ、おっちゃん」

突然現れたあしたのジョーのおっちゃんでお馴染みの丹下段平。

 

DSC_4571

本多「さあ、やったるか!!」

 

DSC_4572DSC_4577

本多「おりゃあ!!」

スッ

何度も繰り出すも、全然当たらないパンチ…

 

DSC_4580

バシッ!!

本多「痛い!!!!そして怖い!!!」

脇腹にクリーンヒット

 

DSC_4593

バシッ

顔面にヒット

その後、猛攻を受け、本多は手も足も出ず…!!

 

DSC_4615

カンカンカン!!

1ラウンド終了のチャイムが鳴り響く。
3分間。
リング上ではとても長く感じる3分間。

 

DSC_4618

本多「ハアハア…もう無理っす…」

ただでさえ普段運動していない本多。
3分間動き続け、パンチを打たれ続け、疲労困憊。
よくこの程度で勝てると思ったな。

 

DSC_4622

丹下段平「もうダメだ!降参だ!」

白いタオルを投げ入れる丹下段平。

 

DSC_4629

本多「もっと弱い人を…」

 

DSC_4631

丹下段平「立て、立つんだジョー!!」

 

DSC_4629

本多「帰りたい…」

細見「いや、ちょっとまってよ、早いって」

本多「だって…」

早くも逃げ出そうとする本多。

本多「あ、そうだ、女子とやらせてください。女子なら勝てるかも」

クズさを露骨に出してくる本多。

 

DSC_4632

細見「じゃあ、あの子でどうや。4ヶ月前にジムに入ってきた女子」

本多「おっ、いいっすねー!」

浅野揚子さんは、4ヶ月前にこのジムに入った女子。
格闘技を見るのが好きで、格闘技の体験をした時に「あっ、殴るのって楽しい」ということに気づきロスロコスジムへ。
よく風邪を引いていたが、ボクシングを始めてからは全然引かなくなったとか。

 

DSC_4641

バンッ!!

本多「えっ」

 

DSC_4662

その眼光はまるで獲物を狩る鷹のよう…!

 

DSC_4653

本多「やばくないっすか」

悪い予感しかしない本多。

 

DSC_4670

しかし、余裕の表情を見せる本多。
そう、勝負の世界は弱みを見せた時点で負けなのだ…!!

 

DSC_4672

さあ、第二試合、どうなる!?

 

DSC_4674

本多「えっ、残像!?」

 

DSC_4677

バシッ

本多「痛い!!くそ痛い!!」

 

DSC_4678

バシッ!!!

浅野さんのパンチが、本多のアゴにクリーンヒット!

その瞬間、観戦者達の「うおおぉ!!」という声が沸き起こる!!

その時の本多の証言:
「一瞬何が起こったのかわかりませんでした。
痛いというより、世界が歪む感じで、脳みそに衝撃が走りました。
人ってあんなに簡単に一瞬でやる気をなくせるんですね。
死んだかと思いました。
なんだったら死んでやろうかと思いました」

 

DSC_4685

パンチがアゴにヒットして完全に戦意喪失した本多。

 

DSC_4690

防御もザルになってしまいパンチがまともにお腹に食い込む!

本多「・・・」←声が出ない

 

DSC_4697

カンカンカン!!

1ラウンド終了の合図が鳴り響く。

 

DSC_4709

本多「あぃゃひょうごらぃゃしたぁ〜」(訳:ありがとうございました)

 

DSC_4710

丹下段平がギブアップのタオルを投げ入れる!

 

DSC_4713

本多「もう、もう勘弁して下さい」

 

DSC_4714

本多「死んでしまう…これ以上やったら死んでしまう…」

 

DSC_4716

丹下段平「やれるか、ジョー!?」

本多「いや、だから無理って言ってるじゃないですか、てかジョーって誰だよ…」

丹下段平「立て!立つんだジョー!!」

本多「じゃあ、小学生とやらしてくださいよ…、小学生なら勝てるかも」

この男、やはりクズである。

 

DSC_4735

そこで登場したのが細見寿瑛瑠くん。
細見一朗さんの息子である!
将来の夢はプロボクサー!ではなく映画監督!

 

DSC_4739 DSC_4762 DSC_4773 DSC_4757

本多(うん、わかってたけど、やっぱり無理じゃないかなぁ…)

 

DSC_4778

小学生に笑われる本多。

 

DSC_4781 DSC_4785 DSC_4786

本多「痛い!!痛い!!しんどいし痛い!!」

寿瑛瑠くん、本多にラッシュを浴びせる!
さすが小学生男子!容赦無い!!

 

DSC_4788 DSC_4793

本多「ぎゃーーー!!!」

 

DSC_4796

本多「もうマジで無理だ…死ぬ…死んじまう…」

 

DSC_4798

本多「何なんだこの企画…つらすぎる…」

思わず本音が出ちゃう本多。

 

BEFORE

DSC_4559

AFTER

DSC_4796

無様である。

 

DSC_4801_2

燃えたよ…

真っ白に…

燃え尽きた…

真っ白な灰に…

 

DSC_4806_01

細見「よう頑張ったな!でもボクシング向いてないな!」

本多「僕もそう思います、というかもうやりたくないです、しんどいです」

細見「そういう人のために、フィットネスのボクササイズもやってるから、そっちやってみな」

 

DSC_4917

ロスロコスジムではフィットネスもやっています。
楽しみながら体を鍛えることができます。

 

DSC_4881

本多も参加しましたが疲労困憊で死にかけてます。

 

DSC_4882

 

一方その頃…

 

DSC_4812

細見「そう、しっかり構えるんだ!そう!!」

ここからロッキーのテーマを脳内で流しながらお楽しみ下さい。

 

DSC_4820

パシンッ

細見「いいパンチだ!!」

 

DSC_4850 DSC_4852

細見「いいぞ!!打つべし!!」

 

DSC_4934

細見「いいぞ!」

 

DSC_4944

細見「そうだ!!」

 

DSC_4947 DSC_4946

細見「あと99回!!」

 

DSC_4964

カメラマン箕浦が実力を認められ、ボクシングの道を歩むのであった。

 

 

後日談

DSC_4484

本多「あー!!ボクシングで根性を叩き直されたのはいいけど、やること多すぎてやべー!!」

 

DSC_4487

本多「林さん!手伝ってくださいよ!!」

 

DSC_4488

林「はぁ?自分でやれよ」

 

DSC_4481

本多「ちょっと細見さん呼んできますね」

林「あっ!ごめん!!ちょっとまって!!!」

 

 

DSC_5001

今回、取材に協力していただいたロスロコスジムのみなさん、ありがとうございました。

 

篠山市出身のプロボクサー「角谷淳志」選手の日本ライトフライ級タイトルマッチが4月14日に行われます。

応援ツアーが開催されるので、ぜひこの機会に行ってみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちら

 

ロスロコスジム

会費

1000円(1ヶ月分)3ヶ月毎更新
入会金 3000円(保険代込み)
全て税別

開催日

火曜、金曜20:00

不定期開催

エクササイズ、ボクササイズ、キックボクシング、フィットネス、ヨガなど

お問い合わせ

080-4705-0777(細見一朗直通)