先日、ピロピロっとfacebook見ていたら、目に飛び込んできたのが、丹波市柏原町にございますお酒屋さん『ひかみや』が開催するイベント“酒屋が伝授!美味しい梅酒作りワークショップ(地下酒蔵で1年間お預かり!)”なるもの。即申込み完了。そして当日がきたので行ってきました。

ひかみや

国道176号線沿い。175号線との交差点である稲継の交差点からすぐのところにございます。

梅酒ws

この日は平日の昼間ということもあり、参加者はわたくしめともう一人とスタッフの三名。
もう一人の参加者から『以前お会いしましたよね?』と言われ、え?まじ?と思っていたら先日ご紹介したばかりの焼肉いっちゃんとこの奥様でございました。いやはや、世間は狭い。

最初に軽く説明を受け、店内にあるお酒の中から梅酒にするお酒を好きなものを選ぶという最も楽しい時間に突入。
(酒税法の関係から20度以上のお酒でチョイス)

ちなみに今回使用された梅は以下説明文(イベント案内文原文ママ)

↓↓↓

【700年以上続く奈良の梅農家「王隠堂農園」】
今回皆様に漬けて頂く梅は「王隠堂農園」の梅を使います。
王隠堂農園は奈良・賀名生(あのう)地域で700年以上続く梅農家。古くから「生薬」とされていた高級梅を、この地で栽培し続け、現在は、和歌山・紀伊半島にも栽培地をひろげています。
栽培は、常に変化する梅の状態や気候等に気を配り、草刈りや害虫対策など、たいへん手間のかかるものです。
年によっては、アブラムシや灰カビの被害で、収穫量が大きく減ります。
農薬を使えば解決できることではあるのですが、安全な梅を求める方のために、有機肥料で土を育て、除草剤を使わず、こころを込めて栽培をしております。
手間と労力のかかる作業ですが、よい梅を作り続けることを使命と考えております。(オフィシャルHPより)

今回は三口お願いしていたので、これらにしました。

梅酒

あまりにもベタなのは面白みにかけるので、吟味に吟味を重ねた結果こうなりました。

泡盛

まずは久米島の久米仙。しまんちゅの至宝、琉球泡盛ですね。泡盛で一体世の中の何人の人が泡を噴いてきたことかね、ほんと。この梅酒でも存分に泡を噴いてもらいたいと思います。

テキーラ

おつぎはこちら。テキーラ。テキーラかウォッカで悩みましたが、今回はテキーラにしました。これまでの人生で数多の数の人間を三途の河の向こう岸に送り込んできたテキーラ先生の実力をいかんなく発揮していただきましょう。

黒糖焼酎

黒糖焼酎の荒ろか。黒糖焼酎といえば奄美大島。一種類くらい置きにいこうかという優しさが出てしまいました。優しすぎてすいません、ほんと。

地下室

最後に地下室に貯蔵完了。
仕上がりは一年後。来年が楽しみでございますなあ。

ありがとうございましたー。

リカーランドひかみや
〒669-3311
兵庫県丹波市柏原町母坪345
TEL:0795-73-0968
http://www.hikamiya.co.jp/