春日町と篠山市を繋いでいる栗柄峠が全面通行止めになるってよ。 詳細はこちら。 普段から使っている人からすれば結構な迂回路ですね。 ご注意くださいませ。
先日いってきた衣川會舘。 よくよく考えたら、佐治の町のことをあんまりよく知らんなあと思い、佐治倶楽部の出町氏にお願いして、佐治の町を案内してもらうことに。 まずは集合の前に、青垣町に来ると恒例の焼肉いっちゃんでランチ。 青垣IC降りてから近いってのもいいですな。ついつい。いっちゃう。 その後衣川會舘で出町君と合流し、歩きで散策開始。 佐治は昔から宿場町として栄えた、とだけは聞いていて知っていたが、なぜここが宿場町となり得たのか?その時代背景がよく知らなかった。佐治のポジションはというと、 この辺り。現在の福知山市、朝来市の生野(銀山があるところ)、和田山方面とおよそ三つのルートが合流するポイントであり、この界隈だけを見ると、東西の交流ポイントであったことが地形からも見てとれる。昔の人が歩いたり馬つかって行き来してたとすると、そりゃ一山越えてくるだけでも時間かかるだろうから、西(但馬)から来る際に山を降りてきてちょうどええ塩梅のところにあったんでしょうな、という感じはする。 衣川會舘から歩いて1分もしないところにあるお宿、黒井屋。正面から見る限り、全くもって旅館の雰囲気がしない。これがまた、例の鰻の寝床方式の街並みならではのマジックがここに潜んでいる。 中に入ると料理屋さんっぽい雰囲気。昭和の空気感漂う町のご飯屋さんテイスト。 普段はランチもやっていて、他にもお弁当とかも。夜も居酒屋のような感じでやってらっしゃるんだって。 奥の宿見せてもらっていいですか?ということで、奥に案内されズンズン奥へ。 千と千尋の神隠しみたいな階段を登った先に広間があるというので、ズンズン奥へ。 40畳ほどの広間。この奥行きの長さと、奥の広さにびっくりする。 この界隈は商店街でもあり、家の建ち方が鰻の寝床のように奥に長い造りとなっていて、道路に面している前の方と奥の方とで用途変更が可能。ここ黒井屋さんも手前が料理屋、奥が宿ということもできるんですな。ここ黒井屋はなぜ黒井屋かというと、まだ丹波市に黒井城が存在していた頃に、黒井城主が泊まりにきたことを受けてこの名前がついたんだそうな。 そうなってくると、軽く300年前から続いていることになる。伝統あるお店。飾ってある欄間と絵がかっこよすぎですなしかし。 次はなんでも屋さんがあるんですわ、ということで向かった先が吉井商店さん。 どれくらいなんでもあるのか?と聞くと、とりあえずダメ元で聞いてみても大体だしてくれるんだそう。 店内に並んでいるものを見る限りでもなかなかのバーリートゥードであるが、先日は何かの打ち上げをしていてお肉切らしちゃってお肉あるかと聞いてみたら出してきてくれたという逸話も。絶対お店のやつちゃうけどね。それでも優しく対応してくれるというのが実にすばらしい。すばらしすぎるぜ吉井商店!! 次は佐治倶楽部がリノベーションを手掛けた本町の家。この日はいしやカフェをやっていた。 佐治倶楽部では衣川會舘がリノベーション三軒目で、一件目が佐治スタジオ、二軒目がここ。 中はこんな感じ。色んな人がカフェ等やっているんだそう。 二階への階段。当時あれやこれやと試行錯誤をしていた時代に、こうやって階段を左右にずらしたら人間工学的に登りやすくなるんじゃね?と思ってやってみたら全然そうでもなかった、という出町氏の甘酸っぱくもほろ苦い青春の記憶である。 二階。この哀愁漂いまくる碁盤は一体何者なんだろうか。ものすっごい哀愁である。 本町の家近くにあったどかーんと空いた空き地。これなんなん?と尋ねてみたところ、一昔前に家が三軒分、火事で焼けてしまったとのこと。密集地での火事は恐ろしい。 そして加古川の源流である佐治川。天気のいい日の川沿いは実に気持ちいい。なぜか人類は川沿いを気持ちいいと感じるもののようで、大阪に住んでいた頃も淀川沿いはすごく人気であったのと同様、こちらでも川沿いはえらい人気だそうで、県営住宅やアパートはすぐさま埋まるんだとか。 ええ天気の日にすぐそこの岩屋山さんから飛び降りてくるパラグライダーでも見ながら、七輪でも出してきてアマゴを塩でちりちりと焼き、そこらへんのお店で拝借してきた生ビールでもグビグビと一気に飲み干し、テンションがあがってきたところへ川へダイブし、ちべたいちべたいとか言いながら美人な女子とわいわいきゃっきゃとはしゃいだりしたら・・・まじ楽しそうである。嗚呼、楽しそう。 川沿いに、ずっと噂に聞いていた焼き豚の店とんとんを発見。今度いこう。 出町氏も入団しているという消防団の詰所。左にあるのはホース乾かすやつなんやって。こんなんあるんですな。 それにしても、こういう路地裏はなぜかワクワクする。ここを抜けるとどこへ行くのだろう?という未知への期待なのか。 古い町並み。そして路地。何がこう人をワクワクする気持ちに駆り立てるのか。車等の乗りものに乗っていたら決して味わうことのできない感覚が街歩きには存在する。 タバコ屋さん。何回もいうが、ここは鰻の寝床のような宿場町。この狭めの入口から奥は一体どういう広がりを見せているのか?超気になる。 そして佐治スタジオ。barカウンターは閉店することになった店からもらってきたやつをつけたんだそう。素敵な雰囲気ですな。毎月第四土曜日には佐治BARなるBARをやっていたり、色んなことをやっている箱。 出町氏は10年程前に佐治へ引っ越してきて、最初にてがけたのがこちら。関西大学との連携をずっとコーディネートしていて、何人もの学生さんを受け入れる箱にもなっている。 中にはこれまでの歴史が置いてあった。今度時間があった時にゆっくりと読ませていただくことにしよう。 ほんと、こういう町にある家は奥が深い。奥行きも深いけど、奥が深い。手前と奥で用途を分けられるというのが実におもろい。両端に家が並ぶと隠れちゃって、もう中に入ってみないとわからないということになる。一軒一軒お邪魔してお宅の家どうなってるんですか?と尋ねて回るだけでも十分おもろい気配がむんむんする。 佐治の中でも最も歴史が古いと言われているツバメヤさん。築300年だそう。ものすごい歴史を掻い潜って今ココに存在しておられます。 衣川會舘に戻ってきて終了。いやー、楽しかった。ありがとう出町氏。 佐治の街並み、まだまだ楽しそうなところがあるような予感がしますな。 ちなみにこの日、某テレビ番組の某ダーツの旅の取材が入っていて、色んな人の中で色んな噂になっておりました。 放送される日が実に楽しみですな。 関西大学佐治スタジオ 〒669-3811 兵庫県丹波市青垣町佐治683 Tel:0795-86-7078 http://sajiclub.jimdo.com/
皆さん、衣川會舘をご存知だろうか? 先日、丹波新聞の記事にも出ておりまして、気になっていたので、いってみた。 衣川會舘は丹波市青垣町佐治にございます。佐治は昔から宿場町として栄えた地域。 その前に、衣川會舘って読めますかね?きぬがわかいかん。 この界隈は鰻の寝床方式で、入口だけみたらものすごくこじんまりとして見えるが、中に入ってみるとびっくりするくらい広い&奥行きあり過ぎ。 入口入ってすぐ。色んな本が並んでいる。この本は青垣の図書館から借りてきているんだとか。こういう本をくださいと投げておいたらなんかちょうどええ塩梅のええ感じの本を持ってきてくれるんだとか。すごいやん青垣の図書館。 旧商家の風情を残しまくる古民家で、空き家になっていたところ、これはまじもったいないということで、佐治を中心に活動する空き家活動サークル佐治倶楽部が改修、管理しているとのこと。二階への階段もしっかりとしている。 二階はまだ未改修だが、この夏に一挙にやってしまう予定なんだとか。コワーキングスペースとしての利用や複数の事業者さんらがシェアオフィスとして利用してもらうことを想定中とのこと。このまんまでも十分なんか楽しそうやけどね。 一階はこんな感じの間取り。まあ広い。 交流スペース。囲炉裏付き。青垣町名産のアマゴの塩焼でも食べながら談笑できそうですな。 和室。ちょっとコワーキングにでもという感じで仕事してても縁側ですぐ寝てしまいそう。 とにかく奥行きがすごい。どこまであるねんっていうくらい、奥行きがすごい。 キッチンスペース。うちの換気扇よりええ感じの換気扇。もうすでになんでもできそうですな。 庭。四方が囲まれているので、極秘のBBQとかできそうですな。生ビールサーバー入れたりしたら一瞬で朝迎えられそう。 他にもこんなギャラリーも。 佐治倶楽部は佐治をいっちょ盛り上げたろかい!という“個人”の皆様で会員となっており、一切法人会員を受けつけずやっている団体で、皆の意見をきちんと取り入れながら、運営に関する会議で出たアイデアを基に色んな形でアウトプットされております。 各部屋の使用料なんかも先日決まったそうで。 ええ感じで、楽しくなりそうな気配がむんむんしておりました。衣川會舘。これからちょくちょく通おうと思います。 楽しい妄想が広がる、楽しそうな箱でした。 ↓↓↓ 衣川會舘(きぬがわかいかん)につきましてのお問い合わせは事務局までどうぞ。 事務局:関西大学佐治スタジオ 〒669-3811 兵庫県丹波市青垣町佐治683 Tel:0795-86-7078 http://sajiclub.jimdo.com/
久しぶりにコーナン山南店に買い物にいったら閉店してた。 家で新聞をとっていないから、折り込みチラシとかも見る機会がないので、閉店も知る術もなく。 ホームページみたら、6月5日に閉まってたみたい。いやはや、そうですか。 確かに近くにジュンデンドーもあるし、そこまで大きく困ることはないけども、コーナンでしか手に入らないものもあって。残念ではありますが仕方ないですね。 この後には何が立つのだろう。何も立たないのか。 ってか、山南町のこの小川小学校区あたりでいったい何が足りないか?何がほしいか?って考えると、なんでしょうね。 パン屋さんあったらなあと思う。菓子パンはいいから、普段ご飯として食べられるやつ。 リサイクルショップとかあると楽しいかな。飲食店もあればいいのになあ。山南町はどんどん飲食店なくなってて、気軽にちょいと食べにいこかっていう店があんまりないし。飲んだら帰れないしね。でもこんだけの広さを一店舗だけでやるってのもきついだろうから、複数店舗テナントとして入れるモールみたいになったりするといいなあとか思ったり。 まあ、とにもかくにも、閉店でございました。 いままでありがとう、コーナン!!
丹波市氷上町鴨内にある、たまご農家の芦田ポートリーさん。 (ホームページはこちら↓↓ http://ashidapoultry.jimdo.com/) (左:芦田しゃちょー 右:関さん) サンテレビの兵庫県政ニュースや地域のホットな話題、イベント情報など、兵庫県広報専門員がわかりやすくご紹介する県民情報番組“ひょうごワイワイ”に登場するんだってさ。 ひょうごワイワイ http://sun-tv.co.jp/waiwai 今回メインとなるのは平飼い卵で作られたなめらかプリン。 こちら、食べたことあります?めっちゃんこうまいですよね。これまで食べてきたプリンがもうなんだか造られた嘘っぽい味に感じてしまうくらい、素材そのものの美味さと甘さで勝負した逸品。牛乳も丹波市民が愛してやまない丹波乳業株式会社の低温殺菌牛乳を使用。うまくないわけがないですわね。 平飼い鶏舎でのびのびと育ち日々卵を産む鶏たち。 実に平和そうなこの鶏舎も、実は2014年の夏に発生した丹波市豪雨災害により、元々は市島町にあったものが倒壊し再建が困難となり今の地で新たに建てたという経緯があったり。 卵のうまさにかき消されてあまり語られていませんが傍からみてるとまあまあ笑えない被害を被っておられ、従業員の関さんに至っては働くことが決まって丹波市に移住してきた直後にそんなことになってもはや逆に笑うしかなかったという引き笑いなスタートから再建、そしてなめらかプリンが誕生しました。 そのへんのあれこれはこちらをクリック 個人的には口下手・・・じゃなかった、言葉よりもパッションを大事にしてはる芦田さんが一体どんなことを話しているのか、そして緊張しい・・・じゃなかった、肩の力を抜く時はこの世を去る時といわんばかりの職人気質な芦田さんがブラウン管の向こう側で一体どんな様子になっているのか非常に楽しみ過ぎてすでにそわそわしており食事ものどを通らない程。 最近より開放感の増した鶏舎。 皆さんも是非ご覧になってください。 ※ちなみになめらかプリンは通常の配送方法だと品質が保てない関係から全国に通販はされておりません。 大阪ならちびマルシェ、神戸ならナナファーム須磨で購入可能です。もしくは、直接芦田ポートリーまでどうぞー。 ↓↓↓ 県民情報番組ひょうごワイワイ(サンテレビ) 本放送:6月5日(日)8:30~9:00 再放送:6月6日(月)16:30~17:00
どうもどうも。井口です。 最近丹波市はめっちゃんこ寒いです。どれくらい寒いかというと、こないだ小指が折れたくらい寒いです。 なんだか内容的にボケきれる気がしないのでたまには堅物な投稿をさせて頂こうかと存じますで候。 ところで皆さん、カムバックひょうご東京センターってご存知ですか? 1月16日(土)、東京駅前にある人材会社パソナさんの本社ビル地下一階にできた、兵庫県への移住をサポートする相談窓口でございます。 パソナ本社の外観。コンクリートジャングルTokyoの街に酸素を供給しようとする姿勢が目に見えてわかる外観ですね。 ちなみに中に入りますとビルの中でお米を育てていたり、赤蕎麦を育てていたりします。僕もパソナさんに新規就農しようかな。 もともとパソナの地下一階には、昨年の夏から兵庫県の結婚相談サービスである出会いサポートセンターが設置されており、日々是結婚と真摯にご相談されているところに併設する形でカムバックひょうご東京センターが設置されました。 ちなみにこの出会いサポートセンター、僕も正直最初はだいぶ侮っていたんですが、実績を聞いて度胆抜かれました。 平成11年7月あたりから兵庫県ではじまり、昨年の4月の段階ですでに成婚1000組以上という驚愕の数字を叩き出しており、僕の中で下手に移住の相談窓口やるより結婚のサポートをさせて頂く方が実は移住者も増えるんじゃないか?説とのせめぎ合いが巻き起こりました。結婚を真面目に考えている方は是非出会いサポートセンターへ足を運んでみてください。 なぜカムバックひょうご東京センターを開設したか?という背景につきましてはですね、実は兵庫県はここ数年間転出超過(兵庫県に入ってくる人より出ていく人の方が多い状態のこと)がずっと続いており、平成26年では超過人数7092人と北海道、静岡県に次いで全国ワースト3位に堂々のランクインをしているという忌々しき事態である状況で、おまけに転出している人のうち大半が20代の男女。 この数字をよくよく考えてみると、まず兵庫県はおよそ1割程の面積である神戸市に9割の人が住んでいて、残りの9割の田舎に1割の人が暮らしているという超偏った人口分布であり、田舎(兵庫県では多自然地域とかいったりします)の大半は大学がないので必然的に進学を志す若者はドシドシ転出していく状況が目に浮かぶ訳です。 大学等に出て行った後、リクナビやマイナビ等の就活生ならもはや必ず誰もが使っているであろう就活サイトを通じて就活をし、ここんとこの就活氷河期の煽りをうけまくって自分の第一志望にいける割合の方が当然少ないであろう中一旦就職をしてみたものの、最初の配属先はうまいこと自分の希望する地域や地元に残れていたけど即座に東京等関東方面へ転勤という理由で出ていく、といった事態がものすごく容易に想像される。元々大阪出身で大学が神戸であった僕自身を振り返ってみても、また周りの同級生あたりが辿った道を考えてみても、神戸で勤めている人の数がそんなに多くなく、本社がどこにあるかという都合で上にのぼりつめればつめるほど神戸から離れていってらっしゃるケースが多いように見受けられるし、まあ、そりゃそうかという数字かなという印象をもっています。 とにもかくにも、田舎の人材不足と人材転出が著しいのと、それは県全体でみてもそうであることから、ここに歯止めを打とうということではじまった訳ですね。僕も今いる丹波市の移住相談関係に携わっている身でございますので、昨年あたりからずっと熱望しておりました、東京での相談窓口の設置。 1月16日、この日オープニングイベントが行われることとなり、僕も少し時間をいただいたので、丹波市の概要と移住するにあたってのご提案等をさせていただきました。僕は人見知りで人の前に立って話すと風呂上がりかってくらい緊張して汗だくになる程のあがり症な訳ですが、皆様に少しでもお役にたてるお話ができていたのであれば風呂に入った甲斐があったというもんです。ありがとうございました。 というわけで、兵庫県への移住をお考えの方、また兵庫県へ戻ってこようとお考えの方は是非、このカムバックひょうご東京センターへ足を運んでみてください。話をされて、じゃあ丹波市どうですか?ってことになり、じゃあ一回いってみますかってことになった場合、我々が現地対応させていただくことになりますので、その際はどうぞ宜しく、宜しくどうぞ。ついでに独身の方は出会いサポートセンターに登録して帰ってください。 では! ****************************************************************************** カムバックひょうご東京センター 東京都千代田区大手町2-6-4 パソナグループ本部ビル地下1階 JR東京駅 日本橋口(徒歩3分) 東京メトロ 大手町駅 B9出口または日本橋駅A1出口(徒歩1分) 開設時間:火水金10~18:30、土10~17:30 TEL:03-6262-5995 FAX:03-6262-2730 Mail:hyogo_comeback@pref.hyogo.lg.jp ****************************************************************************** 編集後記: 昨年の4月以降、僕が移住関連に携わらさせて頂く中で、東京に移住関連イベントにお邪魔させていただきますと、なぜか不思議と、 『あ、丹波市の人なんですね。僕ね、三木市出身なんすよ!将来は三木に帰ろうと思ってます!』 『わたし、加西市に実家があって加西市に家族一緒に引っ越そうと思うんですけどどう暮していけばいいと思いますか?』 『やっぱ島が好きなんで淡路島へいきたいなーなんて思ってるんですけどどう思いますか?』etc 同じ兵庫県下出身とはいえ丹波市出身でもなく、また兵庫県下のいずれかの自治体へ移住したいとお考えでもなぜか我々のところへお越しになる方が多いです。どれくらいの割合かというと、そういう人と純粋な縁も所縁もないIターン希望者と比べて半々かあるいはそれよりも多いという状況で摩訶不思議です。 上記のようなお話があった場合、例え丹波市に関係のないよその自治体への話であってもフルスイングでよそへの自治体への移住をお勧めしたりしてます笑(丹波市すいません) だってね、同じ兵庫県やし。僕はいつも最初に理想の田舎暮らしをお伺いして、じゃあそれだったら丹波市だとこう実現できるんじゃないですか?とご提案する流れなんですが、それが丹波市にそぐわない場合も当然あります。その場合はよそをお勧めしたりもしてます。 僕は丹波市へ来る前、旅行が好きで主に西日本を中心に年間200~250箇所程観光に巡っていた数年間を過ごしていて、実は兵庫県も東西南北ほぼもれなく足を運んでおります。おまけに最近兵庫県内に沢山の知り合いがいるおかげでよその自治体であっても即座に話が聞ける環境下にあったりしますので、丹波市ではないよその自治体の話であっても回答にそれほど困ったことがない自分にまあまあ自分でもびっくりしてますが、まあそんなこんなでやっておりますので丹波市への移住だけに限らず兵庫県全体的なお話でも結構ですので何かありましたらいつでもどうぞ。 ↓↓↓ *********************** 【移住相談ワンストップ丹波】 090-2705-4110(月以外の9:00~17:30) onestop@minna-no-ie.jp http://teiju.info/ http://www.facebook.com/onestop.tamba ***********************
国道176号線を走っておりますと発見しました。 どうも丹波市柏原町に、作業服でおなじみのWORKMANができるようです。 近日OPENとなってますが、このペースですと3月か4月あたりですかね。 ちなみに場所はFUJIYAの横、アルカドラッグの正面。 丹波市で作業服といえばオオツキでしたが、市民としては選択肢が増えますね。 WORKMANホームページ http://www.workman.co.jp/

人気記事

お気に入り

まめつーSNS

433フォロワーフォロー
327フォロワーフォロー
10購読者購読