※この記事の内容は「妄想」です。 観光情報として活用するのはおやめください。 観光情報として間違え、クレームをつけるのはおやめください。     丹波市観光協会のサイトをめぐりました。 すると「せつぶん草めぐり」というイベントがあります。     せつぶんと言えば、「鬼は外・・・」という節分が思い浮かびます。 なるほど、節分草ということでしょう、きっと。   昔は大豆は高級品でした。 ですから、この季節に鬼を退治するために投げるための 大豆は年貢に取られてしまったいたんですね。   とくに丹波といえば豆どころです。 ときの殿様は、稲で年貢を納めさせるよりも、 希少価値の高い大豆で年貢を納めさせていたんです。   今は、多くの犠牲を経て、ほんとうに平和になりましたが ご存知のとおり、昔は節分には、鬼に襲撃されていたものです。     この地域の大豆はすべて殿様に召し上げられてしまいますから 鬼からの襲撃に備えるための大豆が残っていないのです。   この町では、多くの犠牲が払われてきました。 節分草の伝説が生まれたのもそんな頃の話。   毎年2月3日ぴったり間違えることなく。 鬼はいろんな家を襲撃していきました。   毎年のことでありましたが、 この地域の大豆は召し上げられてしまっていて、 蓄えの乏しいものは大豆を買うお金がありませんでした。 そして、毎年悲しい犠牲がたくさん生まれていました。   男は、娘を抱きかかえて震えていました。   蓄えもなく、大豆を手に入れることも出来ませんでした。 犠牲になるかもしれない娘とともに、震えていました。   「うちら、死んでまうん??」   問いかける娘に、男はただ強く抱き締め、震えていました。   「死なせるものか・・!」   風がビュッと吹き、雪も強くなってきたようでした。 そのとき戸棚が「ガタガタ!!」となりました。 強い力でこじ開けられたとき、鬼はそこに立っていました。   「悪い子はいねえが!!」   どうやら、違う地方の風習と間違えたらしく 「悪かったのは俺じゃ」と言って帰りました。     そんなわけで、そのあとに「この後やりづらいわ」と言って ばつの悪そうな顔をして入ってきた鬼に、襲われることになり 為す術も無く娘を奪い去られ、傷だらけで倒れ込んだとき その手に掴んだものは、ひとつの雑草でした。   娘は泣きわめき、鬼は嬉しそうな顔で男を見つめていました。 憎い、あの鬼も、最初に間違えて入ってきたやつも憎い。   しかし、男は弱かったのです。 奪い返すことはできないほど、弱かったのです。   悔しさで掴んだ雑草を、子どものように泣きながら 「お前たちがいなければ。。お前たちが!!」 そうして、まるめて投げた草のカタマリが 鬼に向かって飛んでいったとき、鬼は青ざめて 娘を抱えた手を離し、おおいそぎで逃げていきました。   男は娘に駆け寄り、抱きしめて、泣きました。 男は弱かったけれど、惨めにも雑草を投げつけました。 足掻いたのでした。娘はそうして助かったのです。   それからというもの、節分草の草を丸めて、 それを豆の代わりに投げる風習が生まれたことから せつぶん草めぐりが始まりましたとは、一切言われていません。   なぜなら妄想だからです。   あとせっぷん草めぐりとかだったら、ちょっと人気が 出たかも知れないのになと思ったくらいです。   そうそう、本編とはぜんぜん関係ありませんが、 丹波市観光協会でせつぶん草めぐりの記事がありました。 ご興味のある方は是非ともご覧下さい。      
先日、近年稀に見る自炊へのやる気のなさに耐えかねて、お昼ご飯を食べに近くの定食屋さんへ行くことにした。 いつものお決まりメニューをそそくさと食べ、帰ろうと席を立ち、おばちゃんが待ち構えるレジへ向かう。 おばちゃん『950円になります』 吾輩『はい(諭吉と50円を差し出す)』 おばちゃん『えーと、ということは、9000円のお返しですねー。ん?あ、そうか、あと100円のお返しですー』 吾輩『ん?そうなん?950円でしょ?ってことは、100円要らないっしょ?はい(返す)』 おばちゃん『え?んーと?ああ、そうかそうか』 吾輩『そうでしょ?ほんまボケるんはまだ早いで。じゃーね』 さっそうと家に帰り、満腹感がおさまるまで部屋のベッドでくつろいでいる時、先程のやり取りを思い返していた。 そう、ボケていたのは吾輩でございました。久しぶりに死のうかと思いました。 あ、どうも。若年性アルツハイマーの予感が漂う井口です。 さて、いよいよバレンタインデーが近づいてますねー。 ほんと、この手の行事にはどんどん興味がなくなっておりまして、なんといってももはや関係ないんですね。一切。部外者の一員になると人の色恋沙汰とかも正味心の底からどうでもいいのでせめて笑わせてくれっていう感じになります。 そんなことを先日、まめつー編集会議で話しておりましたところ、じゃあいっそのこと笑える話でも披露していただこうかという事になり、皆さんのバレンタインデーでのほろ苦くも全然甘くなかったエピソードを大募集いたします。うまくいった話なんて本当にどうでもいいんですよ。笑うところないんで。 頂きましたエピソードで当然、匿名にてここでご披露させていただきます。 ******************** まめつー編集部宛メールアドレスはこちら info@mametsu.com ******************** どしどしご応募お待ちしておりますヾ( ゚∀゚)o ※くれぐれも現在進行形で引きずりまくったどうしようもない根暗なやつはご遠慮願います。 ほろ苦くももはや笑えるやつでお願いします。 いやはや、しかしまあね、バレンタインデーという行事は実に残酷な行事だと思いますね。 もはや関係のない部外者になって余計そう思います。当たり前なんですけど、この行事、敗北者の方が多いでしょ? 総合的に見て、丹精込めた自分史上最高の名作がいとも簡単に玉砕して、あげくの果てに渡す前にごめんなさいなんて言われた日にゃあそりゃあもうね、何の為にルンルン気分で何十時間もかけてチョコ作ってたんだろ&選んでたんだろ私みたいになりませんかね? 迷える子羊女子の皆様の為にいくつかアドバイスしておきますと、 男でチョコ好きっていうやつはそんなに多くないんじゃないですかね? 僕自身も実際問題、チョコあんま好きじゃんすよ。特にチョコだけってやつ。チョコを食べるのにプレッツェル的なやつとかアーモンド的なやつとセットじゃなきゃダメなんです。あと高級なとこのチョコレートは複雑な味がして無理。ウイスキーボンボンとかもはやそれやったらウイスキー単体の方が言い訳ですよ、ハイボール好きからすると。 相手がチョコ好きかどうかは入念にチェックしといた方がいいと思います。どうしても調査できないとなれば私立探偵でも雇いなさい。ついでにライバルもこの世から葬りさってもらいましょう。 かつて入念な下調べの結果、どうやら相手はチョコじゃなく“おはぎ”が好きだという情報を得て、この西洋文化に浸食された日本において伝統的な銘菓であるおはぎを渡した人がいましたね。そもそものところであえなく玉砕されてましたが後日“伝説のおはぎ事件”は都市伝説として語り継がれた悲劇の喜劇がこの世には存在します。 ストレートを狙いにいった結果、空振りしたバットがホームランになったケースですね。傍から聞いてると腹がねじり切れるほど笑わせてもらいましたが、好きという気持ちを伝えるのに実際問題そこまでする必要ありますかね? なんでもいいんですよ。男側からすると。“好きだと思ってる人から何かもらえる”ことが重要なので、そもそも論であなたかどうかだけが重要でチョコなんでどうでもいいんですよ、はっきりいって。 買うにしてもファミマでもローソンでも夢タウンでもフレッシュバザールでもいいじゃないですか。 『あいつファミマのチョコなんかよこしやがったぜ』とか思うやつだったらそもそも論で渡す価値もないでしょ?何よりあなたの見る目がなさすぎて一度眼科と脳神経外科での受診を強くお勧めします。 あともう義理チョコとかいう世界最悪の悪しき文化は一刻も早くなくしましょう。チョコレート屋さんしか笑ってません。 他は誰も笑ってませんし、義理チョコすらもらえなかったやつが不要な義理チョコ横流しされて泣き笑いしてるだけです。 受け取らない勇気が世界を救います。僕ももう今後本命しか受け取りません(え?) まあまあ、そんなこんなでね。訳わからん流れになりそうなのでこの辺で。 今年も世界が平和でありますように。
どうもどうも。 筆者は昨晩、イエスキリストの教えを右から左に受け流す連中との朝方まで続いた大団円のおかげで、もはや胃の中が豊源へ行ったあとくらいいまだにお腹一杯であります。こんにちは。 欅の樹よりも重たい瞼を必死にこじ開け、事務所に入ると、昨日の丹波新聞が我が机の上にポンと置いてあった。 見てみると、どうやら今年は丹波人がこよなく愛する、丹波市氷上町谷村の大森夢ナリエがお休みとのこと。 道理で夜中車で走っていても、例年であればブラックホールのごとく暗黒の風景にふとネズミーランドでも召喚されたのであろうかといわんばかりの眩い光を照らしていたが、今年はそもそも開催場所すらどっかいってしまったんじゃないかという程の暗黒の風景がただ延々と続いているだけであった訳だ。 それにしても中途半端はよくないという心意気が素敵すぎてやばい。中途半端にやるくらいならやらない方がマシという理屈になる訳であるが、確かに例年の意気込みを見てみると確かに中途半端さは微塵も感じられない。 ご存知ない方の為に申し伝えておくと、夢ナリエはただの一般家庭で、一般家庭宅をこれでもか!っていうくらい持てる全てをぶち込んでイルミネーションを行っている素晴らしきマインドをお持ちのご家庭で、見るもの全てを魅了し、国道175号線を走っているドライバーもチラ見したが最後大体の場合全国の教習所が口酸っぱく注意しているヒヤリハットの世界へ誘ってしまう魔力を持っている。 今年はそれが見られない。ヒヤリハットの世界は闇へ葬られることになるが、どうもまだ暗黒の世界の中で実はこっそりと行われているんじゃないかと妄想にかられた方々が足を運んでおられるそうなので、ここで今年はないのだという事実を皆様にお伝えしておこうと思う。 仕方ないので、去年までの光景をご覧いただこうと思う。 来年は是非、大森さんにオトナのフルスイングを魅せてもらうことにいたしましょう。 え?去年は誰といったんだって? 野郎と二人っきりで行ったんだよバカ野郎。 完。

人気記事

お気に入り

まめつーSNS

433フォロワーフォロー
327フォロワーフォロー
10購読者購読