こんにちは、西本です。今年11月に田舎の片隅でこっそりとスタートしたいなかの窓。極小メディアですが人気記事もありました。

 

いきなりですが、我々の活動拠点の篠山は盆地です。

盆地といえばなにを思い出すでしょうか?

そう、寒いんです!

「盆地」という言葉で「盆地で一位」というお笑い芸人で結成されたロックバンドが思い浮かんだ方は優秀です。

盆地で一位   Google 検索

 

 

 

そんな盆地の寒さから現実逃避できるように、いなかの窓の人気記事をご紹介します。

 

いなかの窓 人気記事ベスト5

1.超謎企画!『大福が禁止された世界』で大福堂に行ってみた

DSC_4653_2

あらすじ

大福中毒者が大福が禁止された世界という「てい」で、大福堂さんに大福を買いに行く、そして結末は・・・。

記事を読む

編集部の感想

これはなかなかの謎企画でしたが、大福堂専務小林さんの懐の深さを感じました。

この企画書を提出した時、「あっ、出入り禁止にされるかも」「あっこれは米粉ぶっかけられるな」と思っていましたが、全面的なご協力をいただけました。

小林さんありがとうございました。そしておいしい大福をありがとうございます!

 

2.田舎の交通事情に迫る 渋谷VS篠山

IMGP0488

あらすじ

田舎の交通事情を検証したもの。

実際に渋谷に行ったり、篠山の駅から市役所まで歩いて検証してみました。交通がなければ歩けばいいじゃん!

記事を読む

感想

駅から市役所まではだいたい6kmで、「ほんとに歩いたのか?!」とこの徒歩検証記事を書いた本多に聞くと、本当に歩いていました。

この記事は努力賞です!

来年は、「時間は有限である」ということを念頭に頑張っていきます。

 

3.イノシシって食えるの?ぼたん鍋専門店「奥栄」に行ってきた!

DSC_3258

あらすじ

篠山で篠山の食材だけでつくった「ぼたん鍋」=「イノシシ肉の鍋」を提供する奥栄さんに取材。

イノシシ牧場へ連れて行ってもらったり、昔の食べ方などを聞いたりと盛りだくさんな内容です。

記事を読む

一言

いのしし鍋は想像以上に食べやすく、臭みもありませんでした。しめのうどんとの相性もばっちりで最高です!

ぼたん鍋童貞を捨てた本物童貞も出てきて一皮むけた記事となっていますね。

 

4.音と食と光で綴る「スマイル☆サウンドモール」を取材してきた

DSC_5251

あらすじ

編集部も半日遊び倒したイベントです。取材という「てい」で遊びに行きました。

12月21日にたんば田園交響ホールで開催されたイベントへ取材。コンサートに食イベント、キャンドルナイトと盛りだくさんなイベントでした。まちづくりサラブレット様に出会えた記事です。

記事を読む

一言

筆者はこの日取材に参加できませんでしたが、丹波ーガー(いのししの肉を使ったハンバーガー)や篠山まるごと丼などを食べたようです。たくさんのご交流ができ、いなかの窓の読者の方ともお会いでき、幸せほっこりな記事になりました。

おみやげという概念は編集部にはもちろんありません。

 

5.ササヤマルシェ出店者インタビューまとめ

DSC_1710

あらすじ

11/1~3日間、篠山の河原町という江戸時代の風情を残した町で行われたマルシェイベントの取材。

ササヤマルシェは過去最高の来場者さんで連日大渋滞に。この記事では、出店者さんに参加の思いや、篠山への印象などを聞いてみました。

記事を読む

一言

ササヤマルシェのボランティアとしても少し参加したのですが、来場者さん、出店者さんに愛されているイベントだなと感じました。

いなかの窓にとっての初の取材記事となり、てんやわんやで脇汗びっしょりでした。

 

番外編スタッフBLOG人気記事

いなかの窓って一体なんなのか【スタッフBlog】

1418403027768

あらすじ

いなかの窓がどういうものなのかを、上部の気持ち悪い写真の被写体である本多が説明したものです。

いなかの窓は・・・

簡単に言えば「篠山市周辺の面白い情報を発信していくWebメディア」です。

難しく言えば「高度情報社会において東京への情報一極集中による地域情報格差を解消するために地域住民への情報発信及び情報リテラシーの向上を促す目的で運営される地域情報Webメディア」です。

記事を読む

一言

いなかの窓では、とにかく情報をおもしろくとっつきやすくして、届けたいと思っています。
みなさんは地元が好きですか?地元のことを知っていますか?

 

これからもがんばります!

11月より活動してきて思ったのは、自分たちもまだまだ篠山のことを知らないということです。これからもたくさんの情報をいなかの窓というフィルターを通してお届けしていきます。

読者の皆さんから

「ここ取材して!」「これ調べてこい!」「イベントレポしろ!」という声をいただくと「怖いものにはたてつかない」という編集部の方針があるのですぐに動きます。たくさんの命令をお待ちしております。

長文になりましたが、これからもよろしくお願いします。

よいお年を!