※この記事の内容は「妄想」です。

観光情報として活用するのはおやめください。

観光情報として間違え、クレームをつけるのはおやめください。

 

 

丹波市観光協会のサイトをめぐりました。

すると「せつぶん草めぐり」というイベントがあります。

 

tabitamba_1350

 

せつぶんと言えば、「鬼は外・・・」という節分が思い浮かびます。

なるほど、節分草ということでしょう、きっと。

 

昔は大豆は高級品でした。

ですから、この季節に鬼を退治するために投げるための

大豆は年貢に取られてしまったいたんですね。

 

とくに丹波といえば豆どころです。

ときの殿様は、稲で年貢を納めさせるよりも、

希少価値の高い大豆で年貢を納めさせていたんです。

 

今は、多くの犠牲を経て、ほんとうに平和になりましたが

ご存知のとおり、昔は節分には、鬼に襲撃されていたものです。

 

 

この地域の大豆はすべて殿様に召し上げられてしまいますから

鬼からの襲撃に備えるための大豆が残っていないのです。

 

この町では、多くの犠牲が払われてきました。

節分草の伝説が生まれたのもそんな頃の話。

 

毎年2月3日ぴったり間違えることなく。

鬼はいろんな家を襲撃していきました。

 

毎年のことでありましたが、

この地域の大豆は召し上げられてしまっていて、

蓄えの乏しいものは大豆を買うお金がありませんでした。

そして、毎年悲しい犠牲がたくさん生まれていました。

 

男は、娘を抱きかかえて震えていました。

 

蓄えもなく、大豆を手に入れることも出来ませんでした。

犠牲になるかもしれない娘とともに、震えていました。

 

「うちら、死んでまうん??」

 

問いかける娘に、男はただ強く抱き締め、震えていました。

 

「死なせるものか・・!」

 

風がビュッと吹き、雪も強くなってきたようでした。

そのとき戸棚が「ガタガタ!!」となりました。

強い力でこじ開けられたとき、鬼はそこに立っていました。

 

「悪い子はいねえが!!」

 

どうやら、違う地方の風習と間違えたらしく

「悪かったのは俺じゃ」と言って帰りました。

 

 

そんなわけで、そのあとに「この後やりづらいわ」と言って

ばつの悪そうな顔をして入ってきた鬼に、襲われることになり

為す術も無く娘を奪い去られ、傷だらけで倒れ込んだとき

その手に掴んだものは、ひとつの雑草でした。

 

娘は泣きわめき、鬼は嬉しそうな顔で男を見つめていました。

憎い、あの鬼も、最初に間違えて入ってきたやつも憎い。

 

しかし、男は弱かったのです。

奪い返すことはできないほど、弱かったのです。

 

悔しさで掴んだ雑草を、子どものように泣きながら

「お前たちがいなければ。。お前たちが!!」

そうして、まるめて投げた草のカタマリが

鬼に向かって飛んでいったとき、鬼は青ざめて

娘を抱えた手を離し、おおいそぎで逃げていきました。

 

男は娘に駆け寄り、抱きしめて、泣きました。

男は弱かったけれど、惨めにも雑草を投げつけました。

足掻いたのでした。娘はそうして助かったのです。

 

それからというもの、節分草の草を丸めて、

それを豆の代わりに投げる風習が生まれたことから

せつぶん草めぐりが始まりましたとは、一切言われていません。

 

なぜなら妄想だからです。

 

あとせっぷん草めぐりとかだったら、ちょっと人気が

出たかも知れないのになと思ったくらいです。

 

そうそう、本編とはぜんぜん関係ありませんが、

丹波市観光協会でせつぶん草めぐりの記事がありました。

ご興味のある方は是非ともご覧下さい。